■コピーされたい!自分らのコピバン見たい!■

ReVision of Senceのコピーバンドとか現れないかな〜
なんでいないんだろ…

ひょっとして、「ヨノナカカネダ!」とか「イェ〜めっちゃ〜ナンマイダ〜」とか
バンドサウンド以外の音が多すぎてハードルが高いのかな…?

…じゃあ音源あげちゃえばいいじゃん!!

そんなアイデアから、ReVision of Senceがライブで使っている同期音源を公開!

リビジョン好きなバンドマンのみんな、
これ使ってバンバンコピーしてください!!

同期システムのやり方の簡単な説明や、メンバーからの演奏アドバイスなんかも載せちゃいます!

君もリビジョンコピーで同期演奏にレッツトライ!




■同期演奏データ■

データはパソコンから右クリックで保存!

データの取り扱い方は、「やり方アドバイス!」をクリック!

iPod・スマホなど
携帯プレイヤーで同期再生
やり方アドバイス!
MTR・パソコンなど
専用機器で同期再生
やり方アドバイス!(準備中)
テンポ
ダメ、ゼッタイ、現実逃避 genjitsutouhi-LokeRclick.mp3 genjitsutouhi-OKE.wav
genjitsutouhi-CLICK.wav
♪=190
ヨノナカカネ yononakakane-LokeRclick.mp3 yononakakane-OKE.wav
yononakakane-CLICK.wav
♪=150
カミダノミレクイエム kamidanomi-LokeRclick.mp3 kamidanomi-OKE.wav
kamidanomi-CLICK.wav
♪=212
Yeah!めっちゃナンマイダ nanmaida-LokeRclick.mp3 nanmaida-OKE.wav
nanmaida-CLICK.wav
♪=140
前略、メンヘラ様 menhera-LokeRclick.mp3 menhera-OKE.wav
menhera-CLICK.wav
♪=170
オレ、アイツ、キライ oreaitsukirai-LokeRclick.mp3 oreaitsukirai-OKE.wav
oreaitsukirai-CLICK.wav
♪=295
負け続きの日々 make-LokeRclick.mp3 make-OKE.wav
make-CLICK.wav
♪=198
全曲まとめてダウンロード! revision-copy-DOUKI.zip
(zipファイル・479MB)



■じーつーの同期演奏アドバイス!■

こんちわ!
ドラムのじーつーです。

スタジオとかライブで同期流すって機材とか大変そう…
それが意外とそうでもないんです!
お金もそんなにかかりません!

普段ドラマーとして同期とクリックを聴いて演奏してる立場から、
機材の選び方とか演奏のコツとかをバンドマン目線でアドバイス!

よろしくどうぞ!


〜機材編〜


ひとまず、モノは何が必要なのか!?
ここでは、スマホなどのポータブルプレイヤーを使った、
より仕組みが簡単な同期演奏のやり方について解説していきます。


■必要機材■
@iPod / スマホの音楽プレイヤーアプリなどのポータブルプレイヤー1台
Aイヤホン1本
BYケーブル1本
Cフォン→ミニプラグ変換コネクタ1コ
D6m程度の長いシールド1本

上記の機材が揃えば、同期演奏はできちゃいます!

実際に音を出す時の仕組みは、下の画像のような感じになります。


クリックで拡大


仕組みとしては、

iPodから鳴っている同期音源データ(曲名-LokeRclick.mp3)は、
右耳(R)でクリック音、左耳(L)で同期音が鳴るように設定されている

それをYケーブルで分岐させる

クリック音は、YケーブルのR回線を通じてドラマーのイヤホンのみから聴こえる

同期音は、YケーブルのL回線を通じてスタジオorライブハウスのスピーカーのみから聴こえる


という流れで、ドラマーのイヤホンからはクリックだけを、スピーカーからは同期音だけを、
同期して同時に鳴らすことが出来るのです!

続いて、各機材の気をつける点について一つ一つ解説します!




@iPod / スマホの音楽プレイヤーアプリなどのポータブルプレイヤー

一般的な携帯音楽プレイヤーであれば、なんでもOK!
ただしスマホを使う場合は、演奏中は電波&アラーム機能をOFFにすべし!
ヘタすると演奏中にLINE通知音や目覚まし音がガッツリ鳴っちゃいます。





Aイヤホン

消音性の高いカナル型イヤホンがオススメ!
(ゴムがついてて耳にスッポリはめるタイプのやつ)
聴くのはクリックのみなので、1000円程度の安物でも充分です。

ドラムを叩く時にイヤホンが抜けにくくなる装着方法として、
耳の後ろから通したケーブルを耳たぶにひっかけて装着する、
通称"SHURE掛け"という技があります。
激しい動きでもイヤホンが抜けにくいのでオススメ!

SHURE掛け解説(NAVERまとめ)




BYケーブル

iPodで鳴っている同期音源を、クリックと同期音の2回線に振り分けるのに必要なケーブルです。
とりあえず、コレ買っとけば問題ないと思われます!
Yケーブル

もし楽器屋さんなどお店で買う場合、似たような見た目でも、微妙に機能が違うこともあります。
そのせいで「スピーカーからもクリックが鳴ってる…」みたいなことも起こるかもなので、
店員さんに「iPodで同期演奏するためにLRを振り分けたいのですが…」と聞けば、
より詳しく教えてくれますよ!





Cフォン→ミニプラグ変換コネクタ

Yケーブルにイヤホンを刺すときに、穴の大きさが違うのでそれを変換するコネクターです。
Yケーブル側は、ギターのシールドに使われる大きさの「フォン」
イヤホン側は、iPod差込口などと同じ大きさの「ミニ」
と呼ばれています。

とりあえず、コレ買っとけば問題ないと思われます!
変換コネクタ




D6m程度の長いシールド

iPodで鳴っている同期音を、スピーカーまで届けるケーブルです。
なぜ長めがオススメかというと、ドラマーの手元のiPodから、スタジオのミキサーまでは
距離が遠いことが多く、長いほうが扱いやすいからです!

シールドは、ギタリストやベーシストが楽器とアンプを繋ぐケーブルとしても使われます。
同期音の音質にも関わる部分ですので、友達のギタリストにオススメを聞いてみるのもいいかもしれません!



〜演奏の心得編〜

同期演奏したことがない…

クリックに合わせてバンド練習なんてしたことない…

そんなドラマーの方々は意外に多くいることでしょう。

ひょっとすると、このリビジョンコピバンが初挑戦!なんて方もいるかもしれません。

「クリックに合わせられない」
「バンドの音が聴こえないから、生音感なくてテンション上がらない…」


同期演奏に必ず付いて回る、そんなドラマーの苦悩にじーつーからのアドバイス!



@クリックは「所詮はガイド」!

クリックがあるからと言って緊張することはありません。

ビシっと合わせることはたしかに大事。

でも、そればかりに気を取られてガチガチに叩いていてはいい演奏にはなりません!

まるごと1拍ズレて、演奏と同期が完全にズレて聴こえる!
なんてことにならない限りは、少しぐらいの前後のズレは大丈夫!
ぐらいの気持ちでやってみましょう。

クリックは所詮、曲を成立させるガイドでしかないのです。

「クリックに従わされる演奏」

ではなく、

「自分の演奏にクリックが合ってくる」

ことがとっても大事です!

クリックと二人三脚をするイメージで、
「自分が気持ちよくドラム叩いてると、イイ感じにクリックも同じスピードで横並びに走っている」
そんな状態を目指してやってみましょう!



A聴こえないなら外せばいい!あとは慣れ(笑)

イヤホンをすると、周りの音が思ったよりも遮断され、初めは驚くと思います。

自分が今まで聴きながら演奏していた音(例:ボーカルのメロディ・ベース音etc...)が
急に聴こえなくなり、環境が変わることによって演奏にも以前と差が出てしまうでしょう。

そういう時は、イヤホンを片耳にしてみると少しはマシになるかもしれません。

そこから後は…ぶっちゃけ慣れです笑

「周りの音が聞こえない」という音の問題点は、イヤモニ導入などの
よりハイレベルな機材環境によって整えることはできます。

しかし、それによって生じる「ライブ感のなさ・テンションの上がり具合」的な部分は、
正直、気持ちの問題でしかないのです!

クリックに合わせることに新たな楽しさを見出すか、これはこれと割り切るか…

解決するためのメンタルの持って行き方は人それぞれですが、一つ確実に言えるのは

「クリック練習することにはめちゃくちゃ意味がある!」

ということです!

同期まで使ってコピバンする人ってなかなかいませんよ。

これをチャンスに周りのバンドに差をつけて、サークルとか軽音部の先輩とかをガンガン追い抜いていきましょう!

いつか全部リビジョンコピバンを集めて対バンイベントとかできたら楽しそうですね!

もしコピバンが出来上がったら、Twitterとかで送ってください!

ガンガンリツイートしますので!

あなたのリビジョンコピバンが観られるのを楽しみにしてます!

よろしくです!



のちのち、ギターコード譜や、各楽曲の演奏解説なんかも充実していけたらなと思ってます。

どんどん更新していきますので、リビジョンガチ勢のバンドマンのみんなお楽しみに!


集まれ!!リビジョンコピバン!
ReVision of Sence
同期音源配布 特設サイト


TOPへ戻る